読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

願わくば大新聞も

ときの政権が右という場合でも、なびかないで欲しいと

健康食品に多い消費者被害



  「楽ヤセ」サプリ、景表法に違反 消費者庁が措置命令 
          日本経済新聞 2013/9/13

  明確な根拠がないのに「楽ヤセ」などと痩身効果をうたって
 サプリメントの宣伝をしたのは、景品表示法違反(優良誤認)に

 あたるとして、消費者庁は13日、通信販売会社モイスト(東京)
 に再発防止を求める措置命令を出した。

 消費者庁によると、同社は「烏龍減肥」と称する健康食品を
 販売。2012年3~12月にチラシやウェブサイトで「たった1粒で

 楽ヤセしました」などと宣伝していた。同庁が会社側に根拠を
 示すように求めたが、提出資料などからは合理的な根拠が確認
 できなかった。


      消費生活相談 世代で異なる特徴
       大分合同新聞 2013年07月10日

  県消費生活・男女共同参画プラザ「アイネス」は、2012年度
 に寄せられた消費生活相談の状況をまとめた。

 若年層ではインターネット関連の相談が依然として多く、高齢層
 では健康食品の販売に関するものが急増。

  インターネットに関する相談では、出会い系サイトなどへの会員
 登録の案内がパソコンや携帯電話に届き、不当な料金を請求
 されるといったケースが後を絶たない。

 次いで、多重債務や消費者金融、貸家・アパート、工事・建築に
 関する相談が続く。

 年代別では、70歳以上が21.4%を占め、40歳代は15.0%、
 60歳代は14.8%だった。

  たいていの人は健康に気を使います。共通の関心事ですが、そこに
 付け込んだ悪質商法が問題になっている。特に高齢者に被害が多い
 ようです。

 国民生活センターの情報には、次のような事例が紹介されています。


        高齢者の消費者被害
        国民生活センター 2013年10月11日:更新


 見守り情報

 *「裁判に出す」と脅す健康食品送りつけに注意
  (2013年4月17日)

  突然知らない業者から 「注文を受けた健康食品が準備できた
 ので代引きで送る」と電話があった。

 注文した覚えはなかったのでびっくりして断ると、「注文を受けた
 ときの録音もある。裁判に出してもいいんだ」など、

 とても強引な口調で言われ、こちらの話は全く聞いてもらえ
 なかった。

 裁判などこれ以上面倒なことに巻き込まれたくない一心で、承諾
 してしまった。


 *カニの送りつけ商法に注意!(2012年12月26日)

  魚介類を扱う業者から電話があり、いきなり世間話のように
 「今の時期何が食べたいか」と聞かれた。

 思わず「カニかねえ」と答えたところ、買うとは一言も言っていない
 のに、「今カニを送ったよ。もう返せないよ」と言われた。

 驚いて「なぜ送るのか」と反論したが「今食べたいと言ったじゃ
 ないか」と怒鳴られた。